« 気にしなさ過ぎの | トップページ | ごまがいっぱい »

感覚にしたがってみる

読んだ本の中に

《やりたくない事は、なるべくやらないようにしている》

っていう言葉がありました。

私もそうありたいけれど、なかなか出来ないことでもありますね。

でも若い頃よりは、ちょっとつきぬけてきた感があります(笑)

いやなのになぜやるんだろう?とよく自分に問いかけてみると

周りの人に嫌われたり、気まずくなるのがこわいから。。なんですねぇ・ほとんど

それが歳いくほど開き直ってきてる気がするんです。

今更どう取り繕っても本性は変わりないし、とか思うようになって・・

今思い返すと、若い頃の自分ってかわいそうなくらいで・・

そういえば先日ひとりで初めての喫茶店に行ったら

テーブルとテーブルの間隔が狭いところでした。

後から入ってきて、お隣のテーブルに座ったおばサマふたり。

ちょっと前にニュースに出てた、何か偽って販売してたかという女性の話になりました。

「びっくりしたわぁ~、知っとる人の名前がニュースに出て・・」

「そうよ、あの○○さんは大丈夫だったん?」

とか夢中でお話を始めて。

私は雑誌を目で追いながらも、耳はそっちへ・・聞きたいわけではないんだけど(笑)

もし、仕切りがあるお店でも近くのおしゃべりって、一人の客には結構届いてくるんです。

私も連れがいるときには気をつけよう~


« 気にしなさ過ぎの | トップページ | ごまがいっぱい »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。