« アフタヌーンティー | トップページ | せき・声・のどに »

変わらないことなんてない

ずっと前に会社勤めしていたとき

近くの席だった既婚女性が、離婚することになって

痛々しいほどに落ち込んでいました。

詳しいいきさつは聞いてなかったのですが、相手の方からの願い出だったようでした。

すでに離婚経験者の別の人がそのときに

「浮気だとか、どちらかの家族との折り合いが悪いとかよりも、とにかく一緒にいたくない、みたいに言われる別れ方はきついと思う」

と言っていて

私はそのとき(ふ~ん、そういうものかぁ)と思っただけでしたが

今はよく解る気がします。

なにせ自分の人格を否定されたような気になってしまうし

その上自分の存在自体が相手にストレスを与えてると思うと

落ち込みははかりしれません。

気持ちを持っていくとこがないですもんね。

実は似たことで、ここ数日、ちょっとへこんでました。

あ、私の場合はまだ(?)そこまでひどいもんではなかったし

こうやって書けるだけもう立ち直りつつあります。

しかしそのときはショックのあまり、何かせずにはいられなくなり

一人暮らし用の賃貸物件をネットで見てみたり

(ん~この間取りだったらサロンと共用で使えるかな?)とか間取りを真剣に見たりしていました。

いや見てみただけですよ今のとこ予定があるわけではありませんので。

でもたまには

こういう間取りや住む場所を想像して、違う生活を妄想するのも気分転換になりました。

どんなときでも楽しみを見つけれる天才か?私って(笑)


« アフタヌーンティー | トップページ | せき・声・のどに »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。